任意整理:完済後の生活について※任意整理の前に知っておくべき!

任意整理して、それを完済したあとの生活につですが、まず債務整理したことによるデメリットを、考えてみましょう。
債務整理を行えば、各金融機関が加盟する信用情報機関にそのデータが掲載されてしまいます。そうなればおおむね5年から7年の間その情報が登録されてしまうので、クレジットカードを作るのが難しくなります。
任意整理と言うものは、あくまでも返済を大前提においた債務整理の方法であるのできちんと返済を行い、完済をすれば先ほど述べた事以外の不利益と言うのはありません。
ついでに自己破産についても述べておき後ますが、自己破産は破産決定、就ける職種に制限があったり、自由に転居や旅行ができないと言った不利益が生じます。
免責の申請を裁判所に行い、債権者集会等を経て、免責が認められればそういった不利益からも解放されます。
しかし借りに免責が認められなかった場合は破産者としてそういった不利益はついて回ります。
任意整理と言うものは債権者にきちんと返済をすると言う意思のもとで成立するものでもありますから、自分が、無理のない返済計画を立てて債権者に迷惑をかけず、また自分自身も二度と債務整理をしなくても済む様に生活を形成していかなくてはいけません。

債務整理するなら知っトク!

まずはシミュレーターでどれくらい減額出来るのかチェック!

⇒無料シミュレーターはこちらから

おすすめ記事
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ
⇒【厳選】借金に強い弁護士事務所の選び方講座!!