任意整理のデメリット※任意整理の前に知っておくべき!

任意整理は、裁判所を介入させずに、債権者との対面交渉で借金解決ができる唯一の方法ですから、自己破産や個人再生のように強い法的拘束力の影響を受けません。
そういう事もあり、任意整理は債務者自身で手続きする事が可能であり、非常にデメリットが少ない方法でもあるのです。
但し、デメリットは少ないとは言え、任意整理する事で日常生活や交渉において多少マイナス面が生じる事もありますので覚えておきましょう。
まず第一のデメリットとしては、他の債務整理手続きと同じように、ブラックリストに個人情報が登録されます。
任意整理した場合は、完済から約5年間はブラックリストの情報は少なくとも消される事はありません。
ですから、この期間中のお金の借入れや、クレジットカードでショッピング代金を支払ったり、ローンを組むのは難しいと思ってください。
また任意整理は、手続きする前と比較すると、返済条件が利息無しになったり支払い条件が遥かに軽減されるメリットがありますが、残額の債務元本を3年以内に返済する義務は残ります。
従って、任意整理で返済完了ができる支払い能力が求められ、安定収入がない人は原則的に利用できないのが大きな特徴でもあります。
そして任意整理した時の月々の返済金額は、個人再生する場合の債務返済よりも大きい金額になるので,個人再生時の収入よりも余裕を持った資金力が必要です。
次のデメリットとしては、任意整理は裁判所を介入しない手続きですから、法的効力が一切ありません。
まず債権者が借金減額の交渉に応じてくれないと、任意整理は成立しません。
今は弁護士を雇わないと、任意整理に応じてくれない貸金業者が多いのが現実です。
折角、分割返済できるだけの資力があっても、分割回数や利息無しの条件に対して合意を得られなければ、任意整理を諦める必要があります。
このような事態にならないよう、債務者は事前に債権者が任意整理に応じてくれる性格を併せ持っているか、弁護士と共にリサーチする事が必要です。

債務整理するなら知っトク!

まずはシミュレーターでどれくらい減額出来るのかチェック!

⇒無料シミュレーターはこちらから

おすすめ記事
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ
⇒【厳選】借金に強い弁護士事務所の選び方講座!!