任意整理後のクレジットカードについて

任意整理後は、ブラックリストに名前が載ります。
実際には、ブラックリストなんて存在しません。クレジット会社が加盟する信用情報会社に「事故」登録される、
というのが実際のところです。
事故、つまり、この人物は過去に支払遅延、支払不能、任意整理、自己破産の経歴があり、信用にかける、という
情報が登録されます。
よって、この「事故」登録された人物には、新規にクレジットカード、ローンは一切発行しません。
この「事故」登録は、債務を完済してから、5~7年程度経過しないと削除されません。
つまり、任意整理してから約10年ほどは、一切、新規のクレジットは作れません。
数多くのクレジット会社があります。信用情報会社も数社あります。しかし、こうした情報は共有されています。
1社でも任意整理してしまうと、信用情報会社を通じて閲覧され情報共有されます。
ただ、新規申し込みがNGであり、例えば3社のクレジットカードをもっていて、そのうち1社任意整理しても、
残りの2社でしっかり返済を行っていれば、この2社のカードは使い続けられます。
しかし、利用枠の拡大などを行おうとすれば障害が出るかもしれません。
任意整理したクレジットカードは、債権者と和解した内容で、5年をめどに返済のみの取引となります。
そのカードは一切無効となります。またそのクレジット会社とは先10年くらいは一切取引はできないでしょう。

債務整理するなら知っトク!

まずはシミュレーターでどれくらい減額出来るのかチェック!

⇒無料シミュレーターはこちらから

おすすめ記事
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ
⇒【厳選】借金に強い弁護士事務所の選び方講座!!