債務整理後は住宅ローンや車のローンが組めなくなるのか?

債務整理をするとローンが組めなくならないかという不安があります。老後に備えてや子供が大きくなり家を購入したい、新しい車が欲しいといったときローンが組めないと購入できません。

 

債務整理をしたためにローンが組めず、一生家や車が購入できなくなるのは嫌ですよね。本当にローンが組めなくなってしまうのでしょうか。

 

債務整理とローンの関係

債務整理をするとローンが組みにくくなることがありますが、一生ローンが組めなくなることはありません。

 

信用情報(ブラックリスト)とローンの関係

ローンの申し込みがあるとまず信用情報機関に照会をします。信用情報機関には過去の返済履歴や借り入れが記載されています。この情報と収入などを考慮してローン審査を行っています。

 

信用情報機関では情報保存期間が決められています。自己破産をした場合は7~10年情報が残ります。債務整理をしても5~10年くらいすれば情報が消えるので、そのくらいの年月が経てばローンを組める可能性が高くなります。

 

信用情報機関の情報はあくまで参考なので、情報が残っていてもローンを組めることもあります。

 

債務整理後ローンを組むためには…

何年経っても以前に債務整理をした業者の場合、ローンを組むことが難しいです。以前債務整理をした銀行ではローンが組めなかったけど、他の銀行ではすんなりローンが組めたというケースもあります。

 

債務整理をしても住宅や車のローンは組めるので安心してください。

債務整理するなら知っトク!

まずはシミュレーターでどれくらい減額出来るのかチェック!

⇒無料シミュレーターはこちらから

おすすめ記事
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ
⇒【厳選】借金に強い弁護士事務所の選び方講座!!