自己破産は奨学金も対象?※自己破産の前に知っておくべき!

自己破産は免責が認められると、借金の支払い義務が無くなり実質的に、借金をゼロにする事ができる債務整理です。
借金をしてしまった理由は人それぞれですが、例えば奨学金が支払えなかった場合、自己破産は適応されるのでしょうか?

奨学金は借金とみなされず整理する事が、出来ないのではないかと思ってしまいがちですが、奨学金であっても自己破産すれば問題なく
整理する事ができます。
実際、この不景気で就職先が見つからず奨学金の返済が出来ないという理由で、自己破産をする方も多いようです。

しかし奨学金がある方が自己破産する場合、注意したい点があります。
奨学金を借りる時、保証人は多くの方が親権者の方になっているでしょう。
自己破産をすると申し立てを行った本人は、支払い義務が無くなりますが、借金自体が無くなった事にはなりません。

残っていた借金は保証人の方が支払わなくてはいけないので、奨学金がある場合、親などに請求されてしまうのです。
ですので奨学金があり自己破産を考えている方は、まず親に相談しましょう。
借金の整理方法には自己破産以外にも、個人再生や任意整理などもあるので、いきなり自己破産という考えを持たず、まずは弁護士などに
自分の借金ケースを相談する事をお勧めします。

債務整理するなら知っトク!

まずはシミュレーターでどれくらい減額出来るのかチェック!

⇒無料シミュレーターはこちらから

おすすめ記事
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ
⇒【厳選】借金に強い弁護士事務所の選び方講座!!