自己破産と連帯保証人※自己破産の前に知っておくべき!

どうすることもできなくなってしまった借金返済の苦しみから、解放される選択肢の1つの自己破産。
この自己破産を選択すると、生じるデメリットについて述べてみます。

自己破産によって、いちばん被害を被ってしまうのが、保証人。
債務者本人は、自己破産することで借金がなくなるのですが、これはあくまでも債務者のみ。
借金の返済義務がなくなるからといっても、保証人の債務までもがなくなるというわけではないため、
自己破産が確定したとたん、今度は、保証人がこのあなたの借金を返済していかなければならなくなってしまうのです。
もちろん、債権者から督促される羽目になってしまいます。

もし、この保証人が生活を共にしている家族だったら・・。同じ世帯に住んでいるのに、
一方は、債務者から解放され、もう一方は、債権者から自ら借りたわけではない借金の取り立てにあってしまう。
このようなことが現実におこってしまうのです。

自己破産をすることは、このようなデメリットばかりではなく、メリットも多いのですが、
安易になんでも自己破産にすればよい、と自ら決めつけるのではなく、他にも債務整理の方法はありますので、
一度、専門家に相談されることをオススメいたします。

債務整理するなら知っトク!

まずはシミュレーターでどれくらい減額出来るのかチェック!

⇒無料シミュレーターはこちらから

おすすめ記事
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ
⇒【厳選】借金に強い弁護士事務所の選び方講座!!