自己破産方法:手続きの流れ・所要期間※自己破産の前に知っておくべき!

自己破産は借金を整理できるまでに、半年から1年ほどの期間が必要と言われています。
これを聞いて「そんなに時間がかかるの?」と、驚く方もいるかもしれませんね。
自己破産は裁判所に申し立てをする債務整理ですが、ただ申し立てを行っただけでは借金を整理する事はできません。
色々な工程を経て借金を整理できるようになるので、自己破産は長い期間が必要となっています。

まず自己破産を行う時は債権者に、受任通知を行わなければいけません。
受任通知は債権者に自己破産する旨を伝える役割と、自己破産するにあたって必要な書類を作成する為に、どのくらい借金が残っているかを
申告してもらう為に行います。

だいたい受任通知を行ってから、1か月から2か月ほどしたら債権者から債権調査票が送られてくるので、それを元に書類を作り
裁判所に自己破産の申し立てを行えるのです。

しかし、この時点ではまだ借金を整理する事は出来ません。
申し立てを行った後は裁判所で破産審尋を、行うケースがあるのです。
破産審尋は自己破産に至った経緯などを、裁判官から聞かれる面接のようなものとなっています。

そして破産審尋を経て、破産手続きの開始が決定します。
この時点で自己破産は成立したと考えてしまいがちですが、実はまだ借金を整理する事は出来ないんです。
この後に免責の申し立てを行い、裁判所が免責を認めたら自己破産が成立します。

このように自己破産は様々な工程を経なければ、認められない為、時間がかかる債務整理となっています。

債務整理するなら知っトク!

まずはシミュレーターでどれくらい減額出来るのかチェック!

⇒無料シミュレーターはこちらから

おすすめ記事
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ
⇒【厳選】借金に強い弁護士事務所の選び方講座!!