自己破産後のクレジットカードについて※知っておくべき!

自己破産をすると数年間はクレジットカードを作ることができません。クレジットカードの審査は信用情報機関の情報をもとに行われます。自己破産すると信用情報機関に情報が載ってしまうので、クレジットカードが作れなくなってしまうのです。
情報が掲載される期間は5~10年です。5~10年すると情報が削除されるので、クレジットカードが作れるようになります。しかし、免責となった金融機関やクレジット会社では5~10年してもクレジットカードを作ることができません。自社のブラックリストは半永久的に保存されるからです。1度自社で借金をして免責した人は信用できないので、金融機関やクレジット会社はカードを作らせません。
現在日本には代表的な情報機関が3つあります。どこから借り入れをしたかによって、どこの情報機関に掲載されるかが違います。
1つめは全国銀行個人信用情報センターです。銀行・銀行系クレジットカード会社・労働組合などが加盟しています。情報が掲載される期間は10年です。
2つめはCICです。銀行系を除く流通系・販売会社などが加盟しています。現在自己破産情報を保有していません。
3つめは日本信用情報機構です。貸金業者を会員としています。情報が掲載される期間は5年以上です。
どこから借り入れたかによって情報が載る機関が違い、クレジットカードを作れるまでの期間が変わります。目安は5~10年です。

債務整理するなら知っトク!

まずはシミュレーターでどれくらい減額出来るのかチェック!

⇒無料シミュレーターはこちらから

おすすめ記事
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ
⇒【厳選】借金に強い弁護士事務所の選び方講座!!