自己破産とは?※よくわかる債務整理記事一覧

借金で困っていて自己破産を検討されている人もいらっしゃると思います。そんな時に不安に思ってしまうのが、自己破産後の生活についてです。何か大きな障壁があって、困ってしまうのではないか?と漠然と考えてしまうようです。その辺りを説明しますと、まず自宅や自動車など不動産や高価な所有物は手放す事になります。次にローンの類が数年間、おおよその目安では7年間ほどは組めない事になります。実際に考えられる大きなデメ...

自己破産を成立させるための絶対的条件は、まず借金返済できる能力が一切無いことを裁判所に認めてもらう事が必要です。 もし安定した収入があるにも拘わらず、返済義務だけ免除してもらおうという虫の良い考えの人は、自己破産はまず認められません。 自己破産手続きというのは、破産の申し立てを初めて地方裁判所に対して起こし、裁判所からきちんと免責許可をもらってはじめて、全ての借金返済の義務が無くなるのです。ここで...

自己破産は借金を整理できるまでに、半年から1年ほどの期間が必要と言われています。これを聞いて「そんなに時間がかかるの?」と、驚く方もいるかもしれませんね。自己破産は裁判所に申し立てをする債務整理ですが、ただ申し立てを行っただけでは借金を整理する事はできません。色々な工程を経て借金を整理できるようになるので、自己破産は長い期間が必要となっています。まず自己破産を行う時は債権者に、受任通知を行わなけれ...

自己破産をすることにより、現在自分が抱えている借金をすべて帳消しにすることができます。言わば、人生のリセットボタンのようなものです。しかし、人生にはゲームのように途中でセーブしておいたデータからやり直すことはできません。本当にゼロからの再出発になります。その辺も踏まえて、自己破産のデメリットについて考えます。まず、自己破産をすると財産はすべて没収されます。とはいっても着ぐるみまで剥ぎ取られるわけで...

どうすることもできなくなってしまった借金返済の苦しみから、解放される選択肢の1つの自己破産。この自己破産を選択すると、生じるデメリットについて述べてみます。自己破産によって、いちばん被害を被ってしまうのが、保証人。債務者本人は、自己破産することで借金がなくなるのですが、これはあくまでも債務者のみ。借金の返済義務がなくなるからといっても、保証人の債務までもがなくなるというわけではないため、自己破産が...

自己破産を行う時に、注意したい点があります。それは「同時廃止事件」と「管財事件」です。あまり聞きなれない言葉ですが、自己破産を申し立てするにあたって、大変重要な事なので事前にチェックしましょう。まず同時廃止事件ですが、これが財産を持っていない方が自己破産を行う場合は、同時廃止事件に当てはまります。自己破産をすれば借金が無くなると思っている方も、多いのですが借金がゼロになる訳ではなく、借金の支払い義...

自己破産は免責が認められると、借金の支払い義務が無くなり実質的に、借金をゼロにする事ができる債務整理です。借金をしてしまった理由は人それぞれですが、例えば奨学金が支払えなかった場合、自己破産は適応されるのでしょうか?奨学金は借金とみなされず整理する事が、出来ないのではないかと思ってしまいがちですが、奨学金であっても自己破産すれば問題なく整理する事ができます。実際、この不景気で就職先が見つからず奨学...

自己破産をすると数年間はクレジットカードを作ることができません。クレジットカードの審査は信用情報機関の情報をもとに行われます。自己破産すると信用情報機関に情報が載ってしまうので、クレジットカードが作れなくなってしまうのです。情報が掲載される期間は5~10年です。5~10年すると情報が削除されるので、クレジットカードが作れるようになります。しかし、免責となった金融機関やクレジット会社では5~10年し...