債務整理後のクレジットカードについて

借金の問題を解決する方法に、債務整理があります。

 

債務整理と聞くと「破産」というイメージが強く、躊躇ってしまう方も多いようですが債務整理には自己破産以外にも、任意整理や個人再生といった方法もあるので、まずは自分の借金のケースに合った債務整理の方法を、弁護士に相談する事がお勧めです。

 

債務整理を行う事で借金の問題は解決できますが、はやり行う事でデメリットも出てくるので、その点は注意しましょう!債務整理のデメリットの1つに、クレジットカードが作れなくなるという点が挙げられます。

 

クレジットカードが作れない理由

なぜクレジットカードが作れなくなるのかというと、ブラックリストに載ってしまいからなんです。ブラックリストはよく耳にする言葉ですが、実際にブラックリストというリストは存在していません。

 

ローンを組んだりクレジットカードを作ると、信用情報機関へ情報が登録されるのですが、この登録された情報の事をブラックリストと呼んでいるのです。

 

信用情報(ブラックリスト)とクレジットカードの関係

ブラックリストにはローンなどの情報だけでなく、債務整理を行ったという情報も載ってしまいます。すると、「支払えない可能性が高い」と判断されクレジットカードを持つ事ができなくなるのです。

 

自己破産と個人再生の場合7年から10年ほど、任意整理の場合は5年ほどクレジットカードを作れなくなるようです。

債務整理するなら知っトク!

まずはシミュレーターでどれくらい減額出来るのかチェック!

⇒無料シミュレーターはこちらから

おすすめ記事
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ
⇒【厳選】借金に強い弁護士事務所の選び方講座!!